サウナ・ドームについて

スポンサーリンク

身体の声を聞き、心を感じる柔道整復師の中村和仁です。西洋医学の知識をベースに、東洋医学の良い所を付け加えたものをお届けいたします。

当院でも、来院されているゲストの方に利用してもらっているサウナ・ドーム、

左クリックしてください

非常に良いものですが、これと同じような効果の得られるものが

他にないのが、残念な所です。

これの欠点は大量に汗をかいてしまうところ。

下の紙パンツをこちらで用意しますが、

上は自分のTシャツを着て入っていただきます。

なので、着替え用のTシャツなどを持って来てください。

毒素の排泄が目的なので、仕方のない所ではあります。

よもぎ蒸し程度のものなら、自宅でも簡単にできますが、

効果が薄いもので、なかなか良いものが少ないのを痛感しております。

よく質問をいただくのですが、

卵の着床時期には身体を温めない方が良い、

などと、ネット上に書かれており、

その情報についての、

本当の事をお伝えします!

誰が言い出したのかわかりませんが、

こんな事を言う人は医学知識の乏しい人だと

思ってください。

人間の身体には「恒常性」というものがあり、

体温は36度プラスマイナス0.5度が正常体温です。

それと違う場合は、基本的に病気です。

ただ、生理のある時期の女性に関しては、個人差がありますが、

上になることも下になることも、あります。

ただ平均を採ると、この値になります。

身体には外部環境と内部環境があり、ドームで温められる

事によって体温が変わるのは外部環境です。

表皮、真皮、皮下組織、骨格筋、骨格筋、平滑筋…

その下層にあるのが、内部環境であって、

そこにまで影響を与える事はありません。

骨に守られている部分も多々ありますし。

平成6年に 製造物責任法 (PL法)という法律が

出来て、製造業者が責任を回避するために、

「身体を温めない方が良い、(〇〇、〇〇、など)

と、わざわざ大げさに書いてあるという点も

あります。

カッピング(吸い球)などでも注意してある

ものもありますが、製造元に問い合わせると、

「使い方については自己責任でお願いします」

と言われるところがほとんどです。

要は訴えられた時に商品との因果関係が

説明できないために間違った情報が流れています。

それ程気にしなくても良いものが多いですよ。

これからも正しい情報を提供していきますので、

前向きに妊活に取り組んでいって下さい(^_^)

今日も最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました