生理が数ヶ月来ない!

スポンサーリンク

身体の声を聞き、心を感じる柔道整復師の中村和仁です。西洋医学の知識をベースに、東洋医学の良い所を付け加えたものをお届けいたします。

「生理が数ヶ月来ていないけど、妊娠していません、

って、よく聞くんだけど、そんなことってあるんですか?」

という質問をいただきました。

そういう事を言われる方、めずらしくありません。

生理が突然来なくなるのって不安ですよね。

40代の方だと、閉経したのか、不安になる方がほとんどですし。

「生理が数ヶ月来ないけど大丈夫なのかなぁ」

「わざわざ病院に行くのも面倒くさいし」

と専門家の話を聞かずに生理が来ないのを放っておいてしまう人も少なくないのではないでしょうか。

そういう事をやっていると、気付いた時には重篤な婦人科疾患になってしまったり、

子供が欲しいと思った時に大変な思いをすることになりかねません。

そんな悩める女子たちに、

「無月経」についてお話ししていきたいと思います。

まず月経とは何でしょうか?

約1ヶ月の間隔で起こり、数日で自然に止まる子宮からの出血です。

受精卵が着床する子宮内膜に妊娠反応が表れないと

新しい内膜を作るために古い内膜を剥がすために起こります。

そうすることで、常に子宮の中が綺麗な状態に保たれている訳です。

赤ちゃんを居心地よくさせるためですよね。

無月経は、

医学的には「生理的無月経」と「病的無月経」に分類されます。

「生理的無月経」、つまり、初潮前、妊娠期、閉経後、だと、

無月経は当たり前の事ですが、

「病的無月経」の「原発性無月経」、つまり、

18歳を過ぎても初潮が起こらない場合

「続発性無月経」、つまり、

3ヶ月以上月経が起こらないものに分類されます。

当院で、相談されるのは、この「続発性無月経」について、です。

自律神経が上手く働いていない場合や

多嚢胞性卵巣症候群 、子宮内膜炎、などが原因です。

多嚢胞性卵巣症候群 や子宮内膜症などの、婦人科疾患があるから、

という事ならば、最悪、手術という事にもなってしまいますが、

当院の場合だと、ほとんどが手技で対応出来た方が多かったです。

自律神経を整えるのは簡単ですが、婦人科疾患がある場合は、

お近くの産婦人科を受診してくださいね。

しかし、それで安心してはいけません。

薬で無理やり生理を起こしても、根本の原因が治らないケースは非常に多いからです。

繰り返し、薬を飲み続ける事で、薬に頼らないと生理が起きなくなってしまった、

そういう方をたくさん見て来ましたから。

実は生理が来ないなどといった症状の原因には、

食事やストレス、生活習慣や生理用品など様々な原因があります。

残念ながら、大半の病院ではそのようなことを教えてはくれません。

嫌らしい話かもしれませんが、治療費の請求先がありませんから。

本当に良い先生なら別ですが。

「自分の身は自分で守る」という事です。

私なら、婦人科疾患があっても、一緒に頑張って、改善させてあげたいですが。

無月経になる前にちょっとおかしいと思った

その時の身体の声をじっくりと聞いてください。

私は.

「身体の声を聞き、心を感じる柔道整復師。」

ですが、

自分の身体が訴えてくるのを聞くことは非常に重要です。

無月経だけではありません。

自分の身体に何か異常を感じた時には、自分自身で感じる事も重要だと思われます。

「ストレスが溜まってない?」

「食事が偏っていない?」

「体を冷やしていない?」

「寝不足じゃない?」

きっと身体はたくさんのことを教えてくれますよ。

内からも外からも綺麗になれるよう、私と一緒に頑張りましょう

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました