一人ぼっちじゃ、ありません

スポンサーリンク

身体の声を聞き、心を感じる柔道整復師の中村和仁です。西洋医学の知識をベースに、東洋医学の良い所を付け加えたものをお届けいたします。

では、今回の【不妊カウンセリング】は、さて、今日はベビ待ちさんのお悩みにフォーカスします。

スポンサーリンク

出口が見えないトンネル

私は妊活アドバイザーとして日々ベビ待ちさんと接していますが、
みなさんとっても悩んでおられます。

“不妊治療”というのは「出口が見えないトンネル」と言われていますが、頑張っても、頑張っても、出口が見えません。すぐに見つかるかもしれないし、なかなか見つからないかもしれません。
努力に対して必ずしも結果が伴わないことも。

そんな風に考えると、お先は真っ暗な気分になります。

また、そうした悩みがわかってもらえない苦しさもあります。

実の母も、親友も、わかってくれないどころか、容赦ない言葉をあびせかけ、傷つくことだって少なくありません。

中には、パートナーだって遠い存在に感じることも。

そんな声をよく聞きます。

スポンサーリンク

孤独というのは

ベビ待ちさんが陥りやすいのは「孤独感」を感じてしまう事。
これがとっても辛いのです。
心がくじけてしまいますよね。

孤独というのは、時には命にもかかわるような重大な心理状態なんですよ。

人間に限らず、動物たちでさえ、孤独だと生きる力を奪われるそうです。

人も他者とのつながりによって生かされるところはありますよね。

孤独に耐えることができる人は人並みはずれた精神力だと思います。

妊活って、身体の問題だけじゃなくて、精神力も必要なのでしょうか…

社会には、これだけ「不妊」で悩んでいる人が多いのに、みんな孤独と闘っているわけです。

あなただけではないことを思い出してください。

孤独に打ち勝ち、ベビ待ちの辛さを乗り越えるには
人とつながることが一番だと思います。

あなたの辛さを自分のこととして受け止めてくれる人が絶対いますよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました